トップページインテリア関係→砂壁へ壁紙施行例

砂壁に壁紙を張る(一例)

見飽きた砂壁をなんとかしてイメージチェンジしたいと考えている方は少なくないと思います。

テレビや雑誌などで紹介された「珪藻土壁」もイメージチェンジの方法の一つといえます。
しかし、珪藻土壁も失敗したり、気が変わってまたイメージチェンジしたくなった時は後が大変ですので、
後々を考えると壁紙を張ったほうが後悔しないと思います。

ここでは、一例としてパテによる下地処理を行っての施行例をご紹介します。
他の方法として専用のベルト状の紙テープを下地として張るとか、
砂壁を剥離してしまう方法などいろいろありますが、
前者は接着力が弱く、後者はここでは砂壁の下地がモルタルのため剥離しても下地として適さないので
パテで壁紙の下地を作ることにしました。

準備として、床等を養生(マスキング)します。
長押がある場合はこぼれたパテが取りづらくなりますので、雑巾などを挟んでおきます。

作業に不慣れな方は柱や鴨居等もマスキングテープで養生するほうが奇麗に行くでしょう。
パテはここでは壁紙用のパテ
(ヤヨイ社製レベロン)を使いました。
現在生活している部屋ですとペーパーによる粉塵が厄介ですので、ペーパーがけしなくていいようにパテ付けの段階からその点を心がけて行います。
(奇麗に平らにするという気持ちだと疲れますので、壁紙の糊がくっつきやすいようにザラザラな表面をなくす気持ちで行いとよいでしょう)

極端に厚く付けない限り、翌日には壁紙を張れます。

この後は通常の方法で壁紙張りできます。
カッターの切れ味が悪くなりやすいので、こまめに刃先を折って使いましょう。
ボードへ施行する時ほど気遣うこともないでしょうが、ジョイント部のカッターも深く入れ過ぎないようにしましょう。

注意
ここで紹介した方法は一例にすぎません。
砂壁の状態によっては剥離するか、新たなボードを貼る方が得策のことがあります。
触っただけでポロポロとが剥がれ落ちる場合はこの施行方法はお勧めできません。

前のページにもどる

トップページへ戻る